彼氏と別れ、やり直すための基本。冷却期間の男性心理。執着を手放して復縁

冷却期間は意味あるか?1ヶ月、半年?彼氏とやり直す(復縁)には?

彼氏とやり直し、復縁するには、冷却期間は意味があるのか?

彼氏とやり直し、復縁する際に、よく言われる冷却期間ですが、果たして意味があるのでしょうか?そんなまどろこっしことをしなくても、うまくいくケースはないのでしょうか?正直、申し上げれば、冷却期間がなくてもうまくいくケースもあります。大切なことは、冷静になり、相手の気持ちを知り、自分のことを愛してあげることです。必要なことを学び、成長していけば、復縁は成功していきます。

恋愛や、結婚というのは、1ヶ月冷却期間を持ったから、うまくいく。半年だから、うまくいかない。などとデジタルなものではありません。もちろん、あきらかにうまくいかないやり方というのはあり、うまくいかせる可能性を高めるやり方はあります。

そういったことについて、解説していきます。

冷却期間が意味のないケース、恋愛・結婚は、理屈やノウハウではない

まず、冷却期間が意味のないケースですが、それは、

「相手の気持ちを考えられていない、感じることができていない。」ケースです。

そして、

「自分の気持ちの整理ができていない。自分を愛することができていない。」ケースです。

状況により確かに、期間は確かに必要ではあるのですが、最も重要なのは、相手の気持ちと、自分の気持ちです。

彼が、今どのような気持ちなのか?なぜ別れを選んだのか?あるいは、あなたが別れをきりだして、どのような気持ちになったのか?そういったことを感じてあげられるか?ということです。

しかし、そうは言っても相手の気持ちは、分からないかもしれません。ただ、どうしたら嫌がりそうか?どうしたら、喜びそうか?なんとなく推測がついたりするものです。辛いかもしれませんが、そのことに思いをめぐらせるしかありません。

一方で、相手のことを思う前に、自分のことを大切にして、愛してあげないと、その余裕が生まれてきません。ですので、まずは、自分のことを大切にしてあげることからはじまります。別れた直後というのは、心がぐちゃぐちゃになってしまうかもしれません。

「冷却期間」ですから、落ち着いて、冷静になるという意味になります。

大切なことは、相手の気持ちに立てているかどうか?と、自分の気持ちが幸せかどうか?

そうやって、相手の気持ちに思いをめぐらせたり、自分の気持ちを大切にできるようになってくると。ふと、心が冷静になれる瞬間がやってきたりします。

「仮にやり直すことができなかったとしても、自分は幸せでいよう。彼の幸せを願おう。」

というような、そんな気持ちです。あるいは、

「彼のことは、もう忘れて、次にいこう。」というような。

もしくは、

「連絡とってみよう!!なんか、うまくいきそうな気がする。」

「うん、やっぱり彼が好き、彼と幸せになるのは、私以外いない気がする。これだけ彼のこと愛している人は私以外いない。」

こういった、心境になると、不思議なことが起こったりします。彼から連絡がきたりすることがあります。縁のあるもの同士の心はつながっています。上記のような気持ちでいてくれる女性に、思ってもらえた男性というのは幸せ者です。そうした愛情というのは、自然と伝わるから不思議です。

「自分のための復縁」から、「相手のための復縁」に転換した瞬間です。こういった心境になると奇跡が起こったりします。

冷却期間は、1週間、1ヶ月、半年、1年、どれくらいが適切か??

とは言っても、どれくらいの期間待てばいいの?というのは、あると思います。

以下はあくまで目安です。大切なことは、それぞれのシチュエーションにおける、男女の心境と気持ちです。気持ちが理解できれば、前進しやすくなります。

1週間程度で、やり直し復縁する場合

軽いけんかなど、一時的な感情で別れることになったケースです。すばやく反省し、全力で謝り、相手の大切さを全力で伝えることで、やり直すことができるケースです。本当は、お互いのことを思いあっていて、本音が出せる関係だからこそ、けんかになったり、感情を出し合えたりするものです。頑固にならずに、どちらかが大人になって近づいていくことで、修復していくような場合です。

1ヶ月程度で、やり直し復縁する場合

別れを切りだした方が、後悔しはじめるようなケースです。カッとなってとか、いっときの気の迷いで、別れを選んだけれど、冷静になってみると、後悔するような状況です。別れを切りだした側に、別れてみて初めてわかる、相手の大切さを感じ、寂しい気持ちなどがやってきたりします。別れを切り出した側は、すなおに自分の非を認め、別れを切り出された側が、受け入れ許すことで修復していきます。

半年程度で、やり直し復縁する場合

彼に、新しい彼女ができてしまったり、重要な仕事などで、別のことで頭と気持ちがいっぱいになってしまったケースです。このケースは、忍耐が必要です。あなたの大切さに、彼が心から気づく必要があります。新しい彼女、仕事などのそういったものをあなたの愛が、上回る必要があります。あなたの気持ちの整理がつき、本当の愛が相手に伝わったときに、よりが戻ります。

この場合は、不思議なのですが、新しい彼女とうまくいかなくなったり、仕事がうまくいかなくなったり(うまくいき落ち着いたり)、体調を崩したり、ということが起こり、復縁していくケースです。

1年以上かかり、やり直し復縁する場合

上記の半年が長いケースです。状況は同じなのですが、また他のことが起きたりしながら、復縁していくことになります。学生時代から付き合って、別れ、数年後にまた出会い、よりを戻すような2人がこれにあたります。いろいろと経験してみて、「やっぱりあなたがいい。」という風にお互いが気づくパターンになります。

まとめ

復縁と冷却期間について、書いてきました。期間とタイミングも大切なのですが、最も大切なのは、お互いの気持ちです。お互いが、幸せになっていくための学びの期間が冷却期間です。お互いがお互いを思い合えることが、何より大切です。せっかく、一度はお付き合いし深い関係になった2人なのですから、仮にもう一度つきあうことがなかったとしても、お互いが幸せになっていくことが理想です。もしくは、お互いが成長しあい、さらに魅力的になって、愛し合い結婚していくというのも、とても美しいと思います。多くのカップルや夫婦がやり直し、さらにお互いの大切さに気付いたりしています。最後まで、お読みくださりありがとうございました。たくさんの幸せが訪れますように。

 

〈お知らせ〉
『彼氏とやり直し復縁するためには、「男性を追いかけるのではなく、追いかけさせる」ことが重要です。「男性のハートに火をつけ追いかけさせる方法」まとめはこちら。』

 

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

愛される女性の彼氏と復縁する方法

人気の記事

カテゴリー

最近の記事

にほんブログ村 恋愛ブログ 長期恋愛へ

  1. 彼氏と別れやり直し(復縁)、プロポーズ・結婚に至る愛される女性の場合

    30代で彼氏とやり直す(復縁)と、結婚に至りやすいという事実
  2. 幸せにする自信がないと別れを選ぶ男性の心理・思いと本能

    冷却期間の男性心理と、程よい距離感とは?連絡しない、友達、相談相手
  3. 彼氏と別れやり直し(復縁)、プロポーズ・結婚に至る愛される女性の場合

    彼氏と2回2年の別れを乗り越えやり直す。復縁結婚のA.Y.さん
  4. 彼氏と別れやり直し(復縁)、プロポーズ・結婚に至る愛される女性の場合

    3度目の正直で復縁。何度も別れ3回目で、プロポーズ。結婚する2人も多い。
  5. 愛される追いかけさせる女性の、彼氏とやり直す(復縁)方法

    遠距離で浮気の彼氏と、別れやり直す(復縁する)際のポイント
PAGE TOP